COLUMN"最期まで口で噛んで食べる!"
を目指して

PROFILEプロフィール

ふれあい歯科ごとう 代表
歯科医師五島 朋幸 先生

1965年広島県生まれ。
日本歯科大学卒業。博士(歯学)。歯科医師、ふれあい歯科ごとう代表。
新宿食支援研究会代表。株式会社 WinWin代表取締役。
日本歯科大学附属病院口腔リハビリテーション科臨床准教授。
東京医科歯科大学、慶応大学非常勤講師。
1997年より訪問歯科診療に積極的に取り組み、2003年ふれあい歯科ごとうを開設。訪問歯科の草分け的存在。地域ケアを自身のテーマとし、クリニックを拠点にさまざまな試みを行い、理想のケアのかたちを追求。 書籍出版、メディア登場多数あり。

Introductionーはじめにー

 皆さんは訪問歯科の存在をご存じでしょうか。20年以上訪問歯科診療を実践してきたものとしては、「実践してくれる歯科医師が増えたなぁ」と思ってしまいますが、社会的にメジャーとは言い切れません。しかし、今後も続くわが国の高齢化、そして食べるために最も重要な口の環境を整える専門家として、訪問歯科は重要な1つのキーになるはずです。
 私が東京都新宿区で訪問歯科診療を始めたのは1997年。偶然知り合った訪問の内科医に「在宅医療の現場に歯医者さんがいないんです」と言われ、興味本位でその医師の訪問見学をしました。そこで拝見した皆さんは、全員入れ歯を外され、食べられるものだけ食べる、食べられなかったらミキサーにして飲む、ダメだったら点滴、ダメだったら鼻からチューブ、ダメだったら死ぬ…という世界でした。歯科医師としてはとても悔しい現実を目にして「私が外された入れ歯を入れに行きます!」と宣言して訪問歯科を始めるようになりました。
 約25年の訪問歯科の経験から、在宅ケアの現場には、本当に多くの食の問題があることを痛感してきました。噛めない人、飲み込めない人、食欲のない方、食べることを拒否する方…。長年の経験があるからと言ってすべてを解決できるわけではありません。だからこそ、介護者の方たちの苦悩はよくわかります。
私たちは毎日、当たり前のように食事をしているのでそこに問題が起きてしまうことに驚いてしまいます。では食べられなくなった時はどうするのか?実は、答えは1つではありません。
 例えば、噛むことが難しくなった方。入れ歯を修理するだけで食べられる人もいるかもしれませんが、それだけでは解決できない方もいます。そんな時には噛むためのトレーニングが必要な人もいます。飲み込めない方にもいろんな状態があって、その方にあった対応が必要になります。
 今回の連載の目的はまさにマッチングです。自分の目の前に起きている問題は何なのか、それに対する支援は何かをイメージでき、誰が(どういった職種が)支援者なのかを理解できるようにしていきたいと思っています。

第1回「ボーっと食べてんじゃねーよ! 」

 皆さんにとってもそうでしょう。食事は楽しみです。美味しいものを食べる楽しみ、好きな人と食べる楽しみ、好きな場所で食べる楽しみ。そしてもちろん、人間は食べたものでできています。食べたもので活動しています。
そんな口から食べるということですが、人間の体にとってそれ以上の効果もあります。今回はその観点から「食べる」を考えてみましょう。

1.驚異!口から食べる3つの効能

  1. ①脳を活性化する
  2. ②免疫力を向上する
  3. ③お口の細菌を減少させる

①脳を活性化する

 皆さん、口はどんな働きをしていますか?食べる、しゃべる、息をする。他にも表情を作ったりします。冷静に考えて、これらの働き、人間が生きていく中でも重要な役割を果たします。ということは、想像に難くないとは思いますが、脳機能をかなり使っているということです。実際、脳からのアウトプット(運動神経)、脳へのインプット(感覚神経)とも1/4~1/3は口とつながっていると言われています。簡単に言うと、脳と口は密接に関与しているということです。
 僕は歯科医師という立場で、在宅の現場で食べることが難しくなった方も多く見てきました。そんな中で、それまで一言も発しないし、目をあけることも少なくなっていた方が、ティースプーン1さじのゼリーを食べられるようになると目をあける時間が長くなり、少ししゃべっていただけるようになったというような経験もしています。脳と口は密接に関与しているのですから、少しでも口から食べるということは脳機能をかなり活性化するのです。

②免疫力を維持向上させる

 皆さん「免疫」という言葉を聞いたことありますか?「免疫力が落ちて風邪をひいた」などと言いますね。難しいことはさておき、「自分の体を護(まも)るシステム」と思ってください。実は、口から食べることによって免疫力が維持、向上されることがわかっています。逆に、胃に直接チューブで栄養を入れる方法(胃ろう)など、いわゆるチューブ栄養だと免疫力が落ちてしまいます。
そもそも論として、この地球上で初めて顎を持った生物が発生した瞬間にできたのが免疫であると言われています。顎があるということは口から食べるということです。口から食べるということと免疫はダイレクトな関係とも言えます。

③お口の細菌を減少させる

 お口の細菌を除去するためには何をしますか?歯ブラシですよね。実は、しっかり噛んで食べることによってもお口の細菌は減少します。しっかり噛むことによって唾液が分泌され、お口の細菌を弱毒化していき、ゴックンと飲み込んで消化していきます。したがって食後すぐのお口の細菌数はとても少ないのです。逆に、お口から食べることが難しく、チューブ栄養だったり、流動食のようなものを食べている方だと唾液分泌がされずに、お口の細菌数が増加してしまい、誤嚥性肺炎のリスクも高くなってしまいます。
しっかり噛んで食べることでお口は清潔に保つことができ、虫歯や歯周病予防、さらには口臭などを抑える効果もあります。

 このように、口から食べることは楽しみや栄養のみならず、人間が生きていくうえで重要な役割を果たしているのです。もう一度自分の食事、そして食べることを見直してみてはいかがでしょうか。

2.最期まで食べたい!

 数年前の話です。訪問診療の患者さんに、胃ろうという方法で、チューブから直接胃に栄養を入れている高齢の男性がいました。数年単位で胃ろうを使っていて口から食べることが難しくなっていました。訪問歯科の依頼があり、ベッドサイドで何かこの方にできることはないか、少しでも食べていただけないかと考えている時です。その男性がずっと1点を無言で見つめていました。何かと思いその視線の先を見ました。そこにはテレビがあり、旅番組でレポーターがその土地のものを美味しそうに頬張っていました。その時の男性の寂しそうな眼は今でも印象に残っています。やはり、生きている限り食べたいという欲求はあるのです。

3.口から食べることへの支援

 口から食べることが難しくなることはあります。それに対する支援もあります。口から食べることの大切さ、意味を多くの方が理解することで、その方への支援へとつながるでしょう。

 次回のテーマは、「噛む」です。単に歯があれば噛めるというわけではありません。どうやったら噛めるのか、さらにはその噛むことの効用についてお話しします。

第2回噛めば噛むほど

 美味しいものを食べる。なんと魅力的な言葉でしょう。皆さんも大好きな食べ物を想像しただけでも少しよだれが出てきますよね。さあ、食べてみましょう。前歯で噛み切り、奥歯でしっかり噛む。そのうち大好きな味が口中に広がってきます。そして至福のひと時。では、噛めなかったらどうなると思いますか?歯ごたえもなければ味も変わります。全部が流動食って悲しくなりますね。噛むことは本当に重要なのです。
 そこで今回は噛むことを深掘りしていきます。

1.噛むために必要なもの

 さて、ものを噛むという時に必要なものは何でしょう。実は5つあります。
 真っ先に浮かぶのは歯ですね。もちろん重要ですが、それだけでは噛めません。しっかり噛むためには顎の筋力が必要になります。私自身の経験でも筋力が低下してしまい、噛み切ることができない方もいました。
 これで十分ですか?いえいえ、これらだけあっても噛めません。最も重要なことは、口に入った食べ物がどんな形態、どんな硬さを瞬時に認知するということです。ちょっと想像してみてください。目隠しをされて別の人が口の中に食べ物を入れる。口の中に入ったらそれを噛むという実験をしたとします。飴玉を入れられた時はガリっと噛みます。おせんべいならパリッと噛みます。マシュマロならスッと噛みます。マシュマロが入ったのに思いっきりガリっと噛む人はいません。口の中に食べ物が入った瞬間にそれがどんな形態の食べ物か認知できるのです。この認知が噛むこと、飲み込むことのスイッチになります。逆にこの認知がなければ、口の中に食べ物が入っていることがわからないので、噛む動きも起こりません。だからこそ最も重要なのです。
 そして動きの面で重要なのは、舌や頬の動きです。口の中に入った食べ物は舌が巧みに動くことによって歯の上に乗せられ、破砕されていきます。歯に乗せた食べ物が落ちないように頬や舌でおさえてもいます。
 さらに唾液が必要です。唾液中のムチンは強い粘性があり、食物を湿らし、食物を塊にしやすくして、噛むこと、飲み込むことをしやすくする効果があります。
 このように、噛むために必要なものは5つ。歯(または入れ歯)、噛む力(筋力)、食べ物の認知、舌や頬、そして唾液です。

2.噛むことの目的

 では、噛むことの目的は何でしょう。食べ物を小さくすることですか?実は違います。「飲み込める形にすること」です。同じように聞こえますが、小さくすることと飲み込める形は違います。例えば、硬いニンジンを刻んで口の中に入れて一気に飲み込めますか?きっと口の中全体でバラバラになってすぐには飲めません。それらを頬や舌でまとめて飲み込めるようにしてから飲み込まなければなりません。刻んだだけでは飲み込める形ではないということです。
 飲み込める形とは、バラバラな状態ではなく、ある程度の塊になっていないといけません。この塊のことを食塊(しょっかい)と呼びます。噛む目的は、食塊を作ることなのです。

3.嚙みきることと歯

 しっかり嚙むためには歯が必要なことは分かりますね。もし、歯がなくなってしまえば入れ歯等を入れていきます。だったら安心ですね…という訳にはいきません。健全な歯を持つ方と、総入れ歯の方と噛む能力を計測したところ、総入れ歯の方の噛む能力は、健全な歯を持つ方の約1/6と言われています。歯の形をしているのになぜここまで能力が落ちるのでしょうか。
 キーワードは歯根膜(しこんまく)です。歯はご存知のように根があります。歯の根の周りに存在するのがこの歯根膜で、とても鋭敏な感覚器官です。食事をしていて、髪の毛1本入っていてもすぐわかるというのはこの歯根膜があるからです。また、歯ざわり、歯ごたえを感じるのもこの歯根膜感覚です。この歯根膜は顎の筋肉とも密接に関与して、噛む動きをコントロールしています。歯がなくなってしまうということは歯根膜を失うということです。その違いが噛む能力の差になって出てきます。
 しっかり噛むためにも、噛むことを楽しむためにも自分の歯を大切にしましょう。

 次回は、噛むことと脳の活性化、さらに認知症予防になることをお話ししましょう。

ページ上部へ
Copyright © PIGEON TAHIRA Corporation All Rights Reserved.