社員紹介

柏原さん

施設営業本部
東日本ブロック 東京営業所
柏原さん 2018年入社

詳細はこちら
鳥海さん

東日本営業部
統括マネージャー
鳥海さん 2008年入社

詳細はこちら
櫻井さん

経営企画本部
マーケティング部
櫻井さん 2010年入社

詳細はこちら

Job Discriptionピジョンタヒラの仕事

Person 01

施設営業本部 東日本ブロック
東京営業所
柏原さん

2018年入社
普段の仕事内容
高齢者施設や販売代理店へ訪問営業をしています。
具体的には、ご利用者や介助の方、施設スタッフの皆様がどのようなお困りごとを抱えていらっしゃるかをヒアリングし、それをどのように解決できるかをご提案、さらに私共の車いすなどを一定期間試用いただき、受注に繋げる活動をしています。
私は神奈川県全域を担当、営業車で活動しており、活動効率の面から直行直帰も多いです。
ある1日のスケジュール
~9:00 出社
~10:00 事務処理やお取引先様からのお問い合わせ対応を行った後、外勤へ。
~12:00 担当エリアの施設や病院を訪問。
(12:00) 外勤中に食事
~16:00 担当エリアの施設や病院を訪問。
その後 担当の販売代理店へ訪問。商談や情報交換を行う。
直帰をすることが多いです。
帰社するときは、お客様からのお問い合わせの返信と翌日の準備をして帰宅。
水曜日はノー残業デーなので、毎週水曜日は17時15分には退社するようにしています。
仕事のやりがい
お客様からの「ありがとう」の言葉、これにつきます。
提案し購入いただいただけでありがたいのに、施設様で実際に使われて「あれ良かったよ」とか、私の訪問を「待っていたよ」などの言葉をいただくことがあり、その時は営業をやっていて良かったなと心から思います。
部署の雰囲気は?
東京営業所は関東圏を管轄しており、一人の営業が1~2県を担当しています。年齢は20~50代までと幅広く、年上の人にも意見を言える雰囲気で時には飲みに連れて行って下さったりするなど、仕事がしやすくコミュニケーションも取りやすく、とてもありがたいです。
私の前職はドラッグストアの販売員で、3年前に転職してピジョンタヒラへ入社しました。転職当初は何も分からなかったのですが、部署の雰囲気が良いので一人で悩むこともなく何でもすぐ聞けますし、【聞いて・動いて・修正】を繰り返しつつ皆さんが支えて下さるので、お陰様で、前期は重点商品の販売達成率No.1で表彰いただくまでに成長できました。
仕事をするうえで何を大事にしているか
販売後のフォローはとても大切にしています。つねに感謝を忘れず、サポートを怠らない。出会いを大切に、周囲への感謝を大切にして仕事に取り組んでいます。

介護用車いすの点検もやります

施設まで車いすを運んで、実際に試してもらいます

Job Discriptionピジョンタヒラの仕事

Person 02

東日本営業部(統括マネージャー)
鳥海さん

2008年入社
普段の仕事内容
主に全国展開されているチェーンドラッグストア様に対し、販売代理店のご担当者様と一緒に、商品導入やプロモーション提案を通じ、自社品の販売増を叶えるための活動をしています。
特に年2回の「棚割」が一番の力の入れどころです。棚割ではその後の半年間で店頭に何が導入されるかが決まり、その採用可否が実績を大きく左右します。しかも棚割では自社品だけではなくカテゴリー全体で実績が高まる提案をすることが求められ、その時期は特に担当バイヤー様と密になって、方向性をすり合わせています。
また、商談はその企業の本部で行いますが、全国展開されている場合は各エリアにも担当がおり、本部で決定したことを伝え、さらにエリア独自の企画提案をするなど、連携して動くことも求められます。
ある1日のスケジュール
棚割期間中は、ほとんど社外で仕事をしています。それ以外の時は、外勤・内勤が半々という感じです。内勤では、基本的に月1回の月次商談で提案する資料を作っています。自社の商品や得意先のカテゴリー全体を盛り立てるためにどういった手を打つべきかを考えます。一言で販促と言っても得意先によって求めていることが全然違うため、まず先方が求めていることをしっかり掴み、そのうえで当社がやりたいことをフィットさせ、最終的にはお客様に共感・購入いただくまで繋げなければならないため、非常に頭を使います。
仕事のやりがい
以前は提案を成約し、売上達成をする事をやりがいにしていましたが、10年程前に私の父が脳梗塞で倒れてしまい、介護が必要になりました。介護する母にピジョンタヒラの扱う商品を紹介したところ、「これすごく便利だね」「これ使ったらすごくラクになった」と言われました。介護負担が軽減したり取り巻く環境を変えたりできる、そんな商品を必要としている人に届け、使っている人の手助けとなっていると確信できた事で、この仕事に携わっている事にやりがいを感じています。
部署の雰囲気は?
東日本営業部は20~30代のメンバーがおり、新卒入社と中途入社が半々の割合で構成されています。30代の先輩社員が20代メンバーに仕事の進め方をアドバイスすることが多いです。普段のやりとりでも意見を言いやすい環境を作ることで、20代メンバーから新しい切り口の提案が出たり、様々な情報が飛び交う中で先輩社員も気づきが得られたりする、互いに良い影響を与えながら成長できる雰囲気があるように思います。
仕事をするうえで大事にしていること
仕事をする上で私が一番大事にしている事は、やりがいです。
私は学生時代に野球をやっていて、中学まではレギュラーでしたが、残念ながら高校ではレギュラーになれず、ボール磨きや球ひろいなど雑務的な役割にも取り組みました。その時に思ったのが、雑務と言っても必要なため誰かがやらなければならないこと。仮に、雑務が嫌ならレギュラーになれるよう必死で頑張れば良いわけで、レギュラーにはレギュラーの役割が、雑務には雑務の大事な役割があり、一つでも欠けるとチームは成り立ちません。どのような役割でも自分事として受けとめ、それに対してやりがいを持てるかどうか。これは仕事にも通じていると思います。実際の仕事でも全て自分の思うようにできるわけではなく、時にはやりたくないこともあると思います。それを単に切り捨てるのではなく、「大事な自分の役割」と捉えることができるかが、その後の自身の成長を分ける境目だと思います。このような背景があり、私はどのような仕事が振られても、それが自分の大切な役割だと思って、やりがいを見出し取り組むことを大事にしています。

在宅でも使える商品を店頭に並べてもらうように頑張っています

実際に商品を手にとってもらいながら説明することも

Job Discriptionピジョンタヒラの仕事

Person 03

経営企画本部マーケティング部
櫻井さん

2010年入社
普段の仕事内容
マーケティング部で介護用品の新商品・リニューアル品の企画を立案し開発部門と協働で商品化する、とてもやりがいのある仕事を任されています。
その中でも特に重要なのがプロダクトアイデアを考えるフェーズです。この段階では、介護に限らず様々な接点からインプットを得るように心がけています。たとえば、他社品と自社品を比べてみた軸から考えたり、電車で移動中に目に入った車内広告を見てヒントを得たり、世の中で売れているものを自分でも試してみたりしながら「介護にも応用できるかな」などと、まさに五感をフル活用して得られた気づきを企画コンセプトとしてまとめます。
その企画コンセプトを他部門と協働しプロダクトへ具現化しながら販売戦略を考え、晴れて発売を迎えた後も販売実績を検証し、さらなる打ち手を考えるといった具合で、マーケティングミックスに一貫して携わっています。
ある1日のスケジュール
ルーチン業務は少なく、創造的な仕事やプロジェクトマネジメントが多くを占めます。
~9:00 出社
~10:00 メール対応やプロジェクトごとのスケジュール進捗確認など
横断的に開発部門や購買部門、生産会社、営業部門など多くの部署と関わります。
~12:00 デスク:市場・販売情報の分析など
現在の商品ラインナップの課題や市場でのチャンスの発見など新たな企画/リニューアルのポイントを洗い出します。
12:00 昼食
主にお弁当ですが近隣のお店に行くこともあります。美味しいお店が多いです。
~15:00 パッケージ部門との打ち合わせ
コンセプトがきちんと表現できているか、どうしたらお客様視点で伝わるだろうか、などを打合せします。
~16:00 広告担当 広告会社との打ち合わせ
これから世に出る商品をどのように効果的に伝えるかなどを打合せします。
~17:00 事務処理や先のスケジュールで必要な事などを整理し各部門へのメール対応など
マーケティング部が各部署を繋ぐハブの役割のため、迅速な報連相を心がけています。
17:15~ 退社 新商品発売前や企画の提案会議前などは忙しいですが、子供も小さいので、できるだけ早く帰るように心がけています。
仕事のやりがい
自身が携わったプロダクトは、まさに自分の子供のようなものです。店頭に並んでいるのを見ると本当にうれしく、さらに営業から「売れているよ」と言われたり、お客様から感謝のお手紙をいただいたりすると、誰かの役に立っていることが実感でき、心からやりがいを感じます。
マーケティング部はどんなところですか?
企画担当、広告宣伝担当、教育担当のケアアドバイザーで構成されています。私たちは企画や販売戦略の立案・実行をかじ取りする部署のため、皆の先頭に立ったり、時には裏方にまわり関係者間でのコミュニケーションを促進したりといった役割も求められ、正直大変なこともありますが、それ以上にやりがいを感じ成長出来る環境です。
仕事をするうえで何を大事にしているか
「それは本当にお客様のためになるのか」「自分が腹落ちし興味を持って取り組めているか」を常に心がけています。
私たちが直面する課題に絶対正解の解決策はなく、不確実な状況の中で意思決定が求められます。時には、様々な部署から集まったメンバーの意見がまとまらないこともありますが、そのような時こそお客様像を具体的に共有し、自分たちが心から納得できるのか、を突き詰めていくと良い方向へ収束することが多いです。またプロジェクトは長丁場で自身の気持ちが乗らないと思考も行動もうまく機能しないため、「面白そう」「いけそう」といった直感に近い感覚も大事にしています。

口腔ケア商品も担当しています

お客様のニーズを基に商品を企画しています

  • ごあいさつ
  • 介護用品への思い
  • 会社概要
  • 沿革
  • 全国事業所一覧
  • 関係会社一覧
  • 社員紹介
ページ上部へ
Copyright © PIGEON TAHIRA Corporation All Rights Reserved.
ホームへ戻る