介護用品への思い

ふつうに生活をして欲しい。

ほんとうは、介護用品を必要としない生活がいちばんです。朝は一人で起き、家族といっしょに食事をし、トイレも一人ですませ、外へ出かけ親しい人と楽しく語らいをする。けれど、こうしたことが自然にできなくなったとき、どうしても必要となるのが、介護用品です。

ところが、介護用品は使う方の精神面に与える影響が大きく、その利用には使う方の状態と習慣性を充分に考慮することが大切です。だからこそ弊社がお届けする介護用品には、素材からデザイン・加工にいたるまで、使う方の立場に立った様々なアイデアを盛り込んであります。

お年寄りの体形から割り出したオリジナルのサイズ、装着時の圧迫感を感じさせないデザインなど、使う方の気持ちを第一に考えた製品開発を行っています。歳をとっても、身体が不自由になっても、ふつうに生活をして欲しい。たとえ介護用品を使うようになっても、今までと同じように過ごすことができるように。こうした願いを込めて私たちは製品開発を進めています。

辞書に介護という言葉がなかった時代。

1971年、前身である(株)多比良商会がおむつカバー『Wカバー』を世に送り出したとき、辞書には「介護」という言葉はありませんでした。お年寄りや障害者をどうケアすればいいのか、といった考え方が社会的に認知されていない時代でした。そうした時代に弊社は、あえて介護用品の開発に乗り出したのです。それは、すべてを自力で切り開く困難な道でした。

ワンタッチベビィ

股関節脱臼予防用のベビィ用おむつホルダー。 ピジョンタヒラ(株)はここから始まりました。

ピジョンタヒラ製品の歩み

商品ページ

1971年

1971年、最初の大人用オムツカバー「Wカバー」が発売されました。
当時は大人用のおむつカバーがありませんでした。そこで施設の方々から作って欲しいという要望がありました。「寝たきりを防ぐにはおむつカバーをつけないほうが良い」。しかし、どうしても必要な時は少しでも苦痛を与えないおむつカバーを…。そこで寝たきりにさせないおむつカバー「Wカバー」が誕生しました。その秘密は身体の丸みを考えた立体設計。モレを防ぐだけでなく、お腹を圧迫しないカタチ。また座った姿勢もとりやすくなっています。苦痛からくるおむつ外しがなくなるように「苦しくないおむつの当て方」も伝え続けてまいります。

1973年

1973年に発売された、お年寄りのための室内着「リラックスウエア」
少し背が丸くなる、つまづきやすくなる、むくむ、しめつけが苦しいなど、年齢を重ねると誰しも衣類の好みが変化します。また、おむつをしていることで、どうしても見た目が悪くなってしまいます。弊社はおしりをおいかけながら、お年寄りの身体を見つめて製品開発を続けてまいりました。

衣類は軽くしなやかで身体への負担のない素材を。おむつをしていても、お年寄りの体型をカバーし自然に見えるシルエット。またベッドの上で動きを妨げないこと。1人ひとりの異なる不自由さをカバーし、障がいを感じさせないデザイン。そして何よりも「おしゃれを楽しんで頂きたい」という願いを込めて、あなたらしさを大切にデザインしてまいりました。

イメージ:フルリクライニングキャリー
商品ページへ

1978年

多比良初の介護機器「フルリクライニングキャリー」は1978年に発売されました(当時は「背当てリクライニング式アルミ製折りたたみ車いす」)。
寝たきりの老人や重度障がいのある方の離床を目的に開発されました。ベッドから離れ、身体を起こすことで視野が広がり。いろいろな刺激を身体で感じることができるように。また寝た状態で移動できるので、公園へ出かけ風を身体で感じることができます。そして何より、部屋から出て周りの人々とコミュニケーションが図れます。

“生活空間を拡大させ、積極的な離床を促進させたい”従来の身障者の移動だけを目的とした車いすではない業界初居住性を重視した老人用車いすです。そして、数回にわたるモデルチェンジを重ね、2010年に居住性と移乗性に安全性をプラスした「フルリクライニングキャリーFC-120」を発売。現在でもベストセラー商品です。

1984年

寝たきりの方を起こしたい。そんな想いから、1984年離床自助具「移動用バー」は発売されました。
移動用バーはベッドに固定し足腰の弱った方がつかまって、立つ・腰掛けるの動作を安全にできるように考えられた製品です。ベッドから生活の場に移行する「橋」の役割を目指しました。独自のR形状はぐらつきが少なく、発売当時からほとんど変わりません。使い方は、頭の重心移動を利用して立ち上がりを行います。バーの幅は520mmと両手で支えられる幅。立ち上がり・つかまり立ちがしやすいサイズです。ベッドの変化に伴って、高さ固定式ベッド対応・昇降機能付ベッド対応と品揃えが増えました。

イメージ:移動用バー
イメージ:移動用バー
商品ページへ

1984年、筒状じゃばら式の「もしもしフォン」が発売されました。 「耳が遠いお年寄りと目と目を合わせて会話ができるように」をコンセプトに誕生。子供の頃に遊んだ糸電話をヒントに開発しました。お年寄りとの会話は、ついつい耳のそばで口を寄せて大声で言葉を伝える一方通行になりがちです。大きな声で話すと、叱られているような気持ちになってしまいます。低めのやわらかい声で話しかけるのが、最もよく聞こえるそうです。

もしもしフォンはちょっと子供にもどった気分で目と目を合わせ会話が楽しめる、ユニークなコミュニケーションツールです。

1999年

1999年、「座スゥイング30」が発売されました。
その頃はまだ高齢者用のティルト車いすはありませんでした。開発者は施設に伺うたびに“お年寄りの「滑り座り」「斜め座り」をなくしたい、ゆったり寛いでもらいたい”という思いを抱きティルト式車いすの開発に着手。人間にとって最も快適でリラックスできる姿勢が、ちょうど安楽いすに座った状態だと言われています。この安楽いすの姿勢を車いすに再現することを目標に開発され、「座スゥイング30」が誕生しました。

はじめは2機種からのスタートでしたが、モデルチェンジを重ね、2006年に、居住性に加え移乗性を追求した「ニュースゥイングNSW-1/NSW-1-D」を発売しました。

イメージ:座スゥイング30
商品ページへ

2008年

2008年、「歯みがきティシュ」が発売されました。
口腔内を洗浄する目的として、細菌の繁殖を防ぐ・口臭を防ぐということが挙げられますが、それらの原因である口腔内の乾燥を防ぐという目的で洗浄する、ということは、知られていませんでした。口腔ケアは介助者の優先順位的にも低い状況だったため、介助者の負担にならないような口腔ケア商品を、ということで開発されました。口腔ケアをすると食事はもちろん、会話もはずむようになり、健康への一歩につながります。

2010年

認知症高齢者人口が増えていく中で、施設・病院で多く発生する転倒・転落事故への課題解決と、施設での慢性的な人手不足への早急な対応が求められていました。

ピジョンタヒラは「ベッドの足元で感知するセンサ機構」「離床予知&離床アラーム機能搭載」の、誤報が少なく、転倒・転落の危険予知のできる新離床センサー「見守りセンサ」を発売しました。
高齢者の動きに合わせてアルゴリズムを計算したり、PCに接続することによって対象者の行動特性がわかる等、今までのシートタイプの離床センサーとは違ったまったく新しいものを作りました。

商品ページへ

2012年

2012年、「コンフォートアシスタ」が発売されました。
既存の車いすは「座位の安定」を訴求していますが、ご自身の体幹支持ができずに、車いすにもたれかかって座られているご利用者が多く見受けられました。そこで、「骨盤の後傾と体幹の横ブレを防ぐ」をコンセプトとした、長時間・座位姿勢を保持できる「コンフォートアシスタ」が誕生しました。

体幹と骨盤をサポートする機能をつけ、ご利用者が座っていても背中のノブボルトで簡単にフィッティングができるようになりました。ピジョンタヒラは、ご利用者の姿勢保持の改善にもご協力いたします。

2013年

2013年、介護専用消臭スプレー「香り革命」が発売されました。
介護の現場では、常に排泄臭のいやなニオイに悩まされています。しかし、一般用の消臭スプレーでは、汗のにおい等は消せますが、排泄物臭は消せません。また、使用済みおむつはゴミの日まで保管しなければならないので、瞬間的な消臭効果では意味がない。そこで、「排泄物臭に対し消臭効果を感じる、消臭効果が長時間続く」をコンセプトに、尿臭・便臭を良い香りに変える消臭スプレー「香り革命」が誕生しました。
1プッシュで十分な効果があると評判で、介護現場の環境改善に役立っています。

商品ページへ
  • ごあいさつ
  • 介護用品への思い
  • 会社概要
  • 沿革
  • 全国事業所一覧
  • 関係会社一覧
ページ上部へ
Copyright © PIGEON TAHIRA Corporation All Rights Reserved.
ホームへ戻る